【#004 キャバリアの中耳炎】

原発性分泌性中耳炎(PSOM)はキャバリア・キングチャールズ・スパニエル(CKCS)に多くみられる病気です。
首や耳の痒み・痛や頭を傾げる(捻転斜頸)が主な症状ですが、重症例では耳や口唇の下垂,瞬きができないといった症状がみられることもあります。
これらの症状は中耳内に粘稠性の高い分泌液が充満することで発症しますが、その原因はこれまでのところはっきりしていません。
cavalierhealth.orgのPSOMに関するページ

かば動物クリニックでは、耳鏡検査(オトスコピー)とCT・MRI検査を用いたアプローチによるPSOMの診断が可能です。
また,同じくキャバリアに好発するキアリ様奇形(CM:Chiari-like malformation)や脊髄空洞症(SM: Syringomyelia)の評価も併せておこなうことができます。
部位のはっきりしない痛みや痒みでお悩みの方、お気軽に当院までご相談ください。



profilephoto

search this site.

selected entries

categories

archives


©2018 Kabavet Inc. All Rights Reserved.